長津田でおすすめ評判の歯医者・みなみ台歯科クリニックの口コミ・評判

タグアーカイブ: 歯の汚れ

青色LEDとホワイトニング

こんにちは。
先日ノーベル賞授賞式で、青色発光ダイオードが話題になりましたが、歯科治療の分野でもLEDライトは使用されています!

blog_led_01

その一つにオフィス・ホワイトニング(Office Whitening)があります
オフィス・ホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングで、数回の通院で歯を白くすることができます。
LEDホワイトニングはレーザーに比べて熱が低いので、痛み・しみるなど不快感が起こりにくいのが特徴です。

具体的な方法は

 

①歯の確認

blog_led_02

歯の亀裂、詰め物の不備、知覚過敏などをチェックしていきます。
ホワイトニングを行うと、見た目にはほとんど気にならなかった歯の亀裂が目立つようになったり、また知覚過敏など歯がしみる箇所ある場合、ホワイトニングを行う事が出来ない事があるので、事前の治療が必要になってきたりもします。また、差し歯や詰め物の色は変わらないので、ホワイトニング後に葉との色調の不調和が生じる可能性があるので、治療が必要になってくることもあります。

 

② 歯面清掃、色調の確認と記録

blog_led_03

歯石、プラーク、色素の付着を取り除くために歯面清掃を行います。
綺麗になった状態で現在の歯の色調を記録していきます。これは、ホワイトニング後どれだけ色が変化したかを示すための大切な記録になります。

blog_led_04

 

③歯肉の保護と薬剤塗布

blog_led_05

ホワイトニングで使用する薬の主成分は過酸化水素や過酸化尿素というものが含まれています。ホワイトニング剤が歯肉に付着しないように保護し、ホワイトニング剤を歯面に塗布していきます。

 

④光照射

blog_led_06

そしていよいよ光照射です!一般的に480ナノメートルのLEDの光を10分~20分薬剤を塗布した歯面に当てることで、薬が反応し、歯が白くなります!

 

ホワイトニングの適応、効果は個人差がありますが、上記に記した以外にも色々なやり方があります。これを機会にホワイトニングで白い歯を目指してみるのはいかがでしょうか?

歯科医師 橋爪

 カテゴリ:ホワイトニング, 歯の着色 and tagged , , ,

歯周病菌について

こんにちは。
秋になり、日中はだいぶ涼しく、夜は寒いくらいになってきましたね。
季節の変わり目で暑かったり寒かったりですが、体調を崩して風邪をひいてしまった…なんてこともあるかと思います。
最近、歯肉が急に腫れて痛いと来院される患者さんが増えています。
季節の変わり目は風邪をひきやすいこともありますが、歯や歯肉にも症状がでることが多いです。
普段はなんともなくても、気候の変化に身体がついていかなかったり、ストレスがかかったり、体調を崩してしまったことで免疫力が落ちてしまうことがあります。
免疫力が低下すると、お口の中で歯周病菌が優位になってしまい、もともと悪くなり始めていた歯周病が進んでいるところや、汚れが残りやすいところ(特に親知らずまわり)が、痛くなったり急に腫れたりしてしまうことがよくあります。

blogimg_oyashirazu

歯周病(特に初期~中期にかけて)は、普段は痛みなどの自覚症状がほとんど出ない場合も多く、そのせいで気が付くのが遅れてしまい、歯科医院を受診した時にはすでに深刻な状態にまで病状が進んでしまっていると言う事がよくあるというのが怖い病気です。

blogimg_perio

歯周病は全身のさまざまな病気に関係していることがわかってきています。
歯周病菌が全身の病気を引き起こす理由は、歯肉にある毛細血管にあります。
歯周病原因菌が歯周組織まで侵入してくると、毛細血管に入り込み、血液を介入して全身にまでまわります。
その結果、身体のいろいろな所で、病気を発症させることもあったりします。
一度腫れたり痛くなってしまうとしばらく症状が続いたり、歯周病が進んでしまっている場合は、治療が大変になってしまうこともあります。
痛みがなくても、定期的に歯肉が腫れていたり違和感があったりする時は、歯周病が進んでいる可能性が高いです。

お仕事など毎日お忙しいとは思いますが、定期的なメンテナンスと早めの来院をお勧めします!

歯科医師 筒井

 カテゴリ:歯周病 and tagged , , ,

口臭

口臭の独特なにおいは、人間が本能的に嫌うとも言われており、口臭について悩みをお持ちの方はとても多いです。
今回は、口臭の種類・その対策についてのお話です。

31e85ad96ee1ac27247933f0b1b8f533_m

病的口臭

病的口臭とはその名の通り、病気が原因の口臭です。
主に原因となるのは、歯周病や虫歯であると言われています。
歯周病は歯の隙間に菌が入り込み、唾液やたんぱく質を分解して口臭を発生させます。
虫歯の場合は患部を掃除することが困難であるため、お口の中の細菌が口臭を発生させます。
また、親知らずが口臭の原因となる場合もあります。親知らずの周りは細菌が溜まりやすく、歯磨きも難しい場合が多いためです。

対策

病的口臭に対して、何らかの方法で一時的に口臭を消すことができても、原因である病気を治療しないと根本的な解決にはなりません。
歯科医院で検診を受け、適切な治療を受けるのが、病的口臭への最善の対策です。

生理的口臭

生理的口臭とは年齢や、健康状態に関係なく起こる口臭です。
生活リズムや習慣、精神状態などによって発生します。
本来、人は誰しも口臭を持っています。
しかし、普段は唾液などの効果によって口臭が抑えられているのです。
そのため起床直後や、緊張時などに唾液の分泌量が低下した場合、口臭が発生します。
また、ニンニクなど臭いの強いものを食べたり、飲酒、喫煙などによる口臭も生理的口臭にあてはまります。

対策

生理的口臭は病気が原因ではないため、個人での対策も十分に可能です。
たとえば、唾液を出やすくする方法としてはリラックスや、うがい、歯磨きなどのお口への刺激などが挙げられます。食べ物をよく噛むのも効果的です。
食生活などの生活習慣を見直すことも、生理的口臭を改善するには効果的でしょう。
口の中が不快にならない、自覚の無い口臭は前述した「病的口臭」である可能性があるため、歯科医院で一度検診を受けてください。

〈臨床実習生 渡邉〉

 カテゴリ:口臭 and tagged , , , ,

歯の黄ばみについて

「毎日しっかりと歯磨きをしているのに歯が黄ばむ」「他の人と比べて、歯が黄色い気がする」「歯の黄ばみのせいで思いっきり笑えない」と思うことはないでしょうか。歯の変色の原因は大きく分けて2つあり、一つは歯の外部の着色汚れで、もう一つは歯の内部の変色です。

歯の外部の着色汚れの原因にステインが挙げられます。
タバコ・コーヒー・カレー・ワインに含まれるポリフェノールなどが有名です。その他、色の濃い食べ物や飲み物などはステインが付着しやすいと言われています。

歯の内部の変色は、加齢によるものや神経を抜いたことによる変色等が挙げられますが、一般的には外部の着色汚れの方が圧倒的に多いと言えます。

歯の表面に着色汚れが付着し、時間の経過とともに強固に汚れが吸着して、通常の歯磨きやデンタルフロスでは取れなくなります。しかし、歯そのものが変色しているわけではなく表面的な汚れなので、早めにケアをして汚れの吸着を防いだり、取り除くことができます。その際に注意しなければならないのは、一般的に言われているような重曹やメラニンスポンジを使うような、歯の表面を削ってしまう方法は避けるようにすることです。歯のエナメル質を削ってしまうことで歯が弱くなるだけでなく、削った後の歯は小さな凸凹ができるためステインが再付着しやすくなってしまいます。

表面の汚れに効果的な治療として、ホワイトニングが挙げられます。ホワイトニングの場合、過酸化物を使用して歯を脱色させて白くするため、歯への負担を最小限に抑えられます。薬剤の効き目には個人差がありますが、表面の汚れにはとても効果的だといえます。

歯科衛生士 花島奈都子

 カテゴリ:歯の着色 and tagged , ,